~謎かけ歌を題材にしたちょっと不思議な子ども踊り~

原歌詞  :寺山修司
歌詞・踊り監修 : 白石 征
作   曲 : J.A.シーザー
振   付 : 斎藤 千
う    た : 長谷川 恵子
演奏時間 :4分18秒

音楽を聴く
◆解説
子ども踊りのうち「セリアイ」以外の2曲は、寺山修司訳の「マザーグース」に取材したもの。盆踊りの未来を考える実験的な創作踊りとなりました。

「誰が殺した、駒鳥を」。すこしショッキングな謎かけから歌が始まります。2番以降、動物達が次々と登場して証言をしていくという歌ですが、真相は”藪の中”。でも、こうした不可思議さや意味不明さは、昔ばなしや伝承わらべ歌の特徴でもあるのです。盆踊りとして踊ってみると、ちょっと不思議な効果をかもしだして、独特の魅力があります。

振りは、鳥の動きを連想するような、表情ゆたかでかわいらしい動きです。

◆歌詞

一、 だれが殺した 駒鳥を
わたしがやったと 雀が言った
わたしが弓矢で 殺したの
二、 だれが見ていた 駒鳥を
わたしが見てたと 野鼠が言った
わたしが死ぬのを 見とどけた
三、 だれが掘るのさ 墓穴を
わたしが掘ると 梟が言った
鋤とシャベルで 穴掘ろう
四、 誰がなるのさ 坊さんに
私なろうと ガチョウが言った
お経をもってる 私がなろう
五、 私が運ぶと トンビが言った
もしも月夜であったなら
六、 誰が歌うの 声明を
私が歌うと ツグミがいった
自慢の喉で 歌うのさ
七、 誰がつくのか 寺の鐘
私がつくと 雄牛がいった
力自慢のみせどころ
八、 あわれあわれな駒鳥のため
鐘がなります 鐘がなりがなる
空の小鳥は ためいきついて
一羽残らず すすり泣く

(歌詞解説)

・形式は7・5の4句形式。発句の謎かけに次々と応えていく形式は、ある意味盆踊りにおける伝統的な「数え歌」の系譜でもあります。

(1番)寺山訳と双璧をなす谷川俊太郎訳マザーグースでは、「誰が殺した クックロビン」で、奇しくも寺山と同じ7・5調。そして30年前、当時のアニメ「パタリロ」ではこの寺山訳を使ったアニメ主題歌系盆踊り唄「クックロビン音頭」が作られた。なぜか盆踊りと縁の深い歌詞。