盆踊りのトップシーズンも過ぎ、残暑の中にも秋風を感じる頃。

久しぶりに北の盆踊りを見に行こうということで、秋田県は鹿角市に毛馬内盆踊りを訪ねました。盛岡でJR花輪線の各駅停車に乗り換え。あざやかな緑の中を、電車は実にのんびりと進んでいきます。

毛馬内のまちについたのは夕方。会場の本町通りでは、すでに子どもたちがいっぱいに輪をつくって踊っていました。勇壮な太鼓に載せた「大の坂」です。ゆるやかな合掌、足をちょいとまわす動作が印象的です。男の子も晴れ着を着ていますが、足元の水色の蹴出しがなんとも可愛らしい感じでした。

一息いれてあたりが暗くなると、こんどは大人の盆踊りタイムです。
会場中央にはのど自慢が集まり、「鹿角甚句」を披露します。手振りもあざやかに踊る踊り子の見どころは、やはり「ほおかぶり」でしょう。西馬音内の少女たちの彦三頭巾も可憐でしたが、和装に手拭いという毛馬内のほおかぶりは、大人の魅力を感じさせます。古い町屋の残る通りは、照明を落としてかがり火が焚かれ、まるでタイムスリップしたみたいです。

北東北の短い夏を惜しむかのように、優美な中にも熱気を感じる魅力的な踊りでした。

開催情報
日程 開催期間
8月21日~23日
場所 秋田県鹿角市十和田毛馬内
アクセス
(公共交通)
JR「十和田南駅」から徒歩30分。
アクセス
(自動車)
東北自動車道 十和田ICから車で5分。