ささら踊りは、神奈川県の西部に広く分布していた盆踊りで、現在も、国の選択無形文化財の足柄ささら踊り、海老名市、秦野市、綾瀬市、厚木市、藤沢市に残されている「相模のささら踊り」(県の無形民俗文化財)が残されています。

藤沢市には、遠藤と葛原の2つのささら踊りが伝承されており、その特徴は、ささらという、竹でできた特徴的な楽器を手にして踊るところです。歌とささら、そして太鼓という非常に素朴な構成。

農村の恋を思わせる歌詞。近代化で都市化が進んでいくなかで、こういった土の香りのする盆踊りが残されていることは、非常に素晴らしいことだと考えます。神奈川県にいても、あまり知られていない踊りが、より多くの人に愛されて継承されることを願わずにはいられません。

  開催情報
日程 8月15日(遠藤)

9月上旬(葛原)

場所 藤沢市遠藤宝泉寺(遠藤)

藤沢市葛原 皇子大神(葛原)

アクセス
(公共交通)
遠藤:湘南台駅(小田急、相模鉄道、横浜市営地下鉄)より、神奈川中央交通バス茅ヶ崎行き 遠藤松原停留所より7分

葛原:湘南台駅より、神奈川中央交通バス吉岡工業団地行き 宮下停留所より3分

  遠藤

葛原