天竜川流域の「三遠南信地方」は、”芸能の宝庫”といわれるほど古い民俗芸能が数多く分布する地域です。その中でも阿南町新野は、冬の雪祭り・夏の盆踊りなど多彩な芸能を伝える、高原の小さな町です。

お盆の三日間徹夜で踊られる盆踊りは、囃子を使わず音頭(肉声)だけで踊る古風なもので、歌詞も古いものを残しています。

新野盆踊りの圧巻は、16日明け方の「踊り神送り」です。最後まで踊り続けようとする若者たちと、それを押しのけて進む切子灯籠=新精霊が、激しくも感動的なせめぎ合いを演じます。

今なお「踊り」と「送り行事」が一体として行われる新野盆踊りは、私たちの祖先の時代の民俗の姿を伝えるたいへん貴重な文化財です。

開催情報
日程 8月14~16日
*最終日は17日明け方まで
場所 長野県下伊那郡阿南町新野
アクセス
(公共交通)
R東海道新幹線
豊橋-
JR飯田線温田(ぬくた)駅
(3時間程度)
信南交通
温田-新野
(50分)
自動車 中央自動車道
飯田icから国道151号線阿南町方面へ
(約1時間)