概観

鎌倉後期、新仏教の中から、盆踊りの1つのルーツでないか、と考えられる、一遍上人の踊り念仏がおこります。その前、平安後期には、盆踊りの素地になる各種なもの、風流(ふりゅう)、歌う念仏である融通念仏、庶民の踊りである田楽の流行などがありました。

この時代

1100年頃~1333年頃
1086年~院政の時代 白河、鳥羽、後白河
※融通念仏の良忍 1073年~1132年
1167年 平家政権成立
1180~1185年 治承・寿永の乱(源平合戦)
1185年 鎌倉政権成立
1225年 執権政治
※踊り念仏の一遍 1239年~1289年
1274年、1281年 元寇
1285年 得宗専制
1333年 鎌倉幕府滅亡

武士の力が拡大し、「鎌倉幕府」が成立。政治・経済・文化を独占していた貴族に代わり、武士が権力を握る「封建時代」が始まりました。そして庶民が台頭しはじめるのがこの時代です。

基礎情報

人口:600万人で停滞、散居型村が多い
属性タイプ:貴族、僧侶、武士、百姓、無縁者 百姓が8割以上
寿命: 30才程度
飢饉、災害の状況:3~5年に1度の飢饉、疫病、災害
伝承媒体:貴族、武士、村落支配層だけ文字利用 口承中心
領有体制、税:荘園管理と地頭の二重支配、物納中心
庶民の衣服:麻で出来た簡易なもの
庶民の食べ物:ヒエ、アワ、野菜中心
庶民住居:間取りのない、堀立式住居
地域的特徴:
承久の乱まで西は朝廷貴族(荘園)支配、
東は武士政権、承久の乱以降武士の全国影響
北海道は擦文文化、沖縄は三山時代、
平安期異文化の東北は同化の傾向
庶民の娯楽機会:限定的

宗教

この時代の宗教は仏教、特に「念仏信仰」を軸に大きな動きを見せました。近年では、鎌倉時代の仏教界の中心勢力はいぜんとして奈良・京都の旧仏教であったことが定説となっています。しかし、少数派・異端とはいえ、庶民のための宗教(「鎌倉仏教」)が登場し、確実に広まり始めたのもまたこの時代です。そして、庶民派仏教の代表格が「念仏信仰」です。
また仏教の浸透にともない、仏教系の年中行事としての「盂蘭盆会」も、ひろく定着しました。

盆踊り:この頃の出来事

日本芸能史の「一大転換期」といえるこの時期。後の盆踊りにつながる重要な動きが見られました。

文化 貴族から庶民へ

1.風流(ふりゅう)の発生
2.盆踊りの母胎となる芸能(踊り)と信仰(念仏)の結びつきが見られた。
それが、以下に紹介する「融通念仏」や「踊り念仏」です

「風流(ふりゅう)の発生」

・中世を通じて、庶民芸能の中心となった「風流」
・派手、人を驚かす趣向などの美学

「やすらい花」の初期記録(平安後期)

今宮神社で演じられるやすらい花

梁塵秘抄口伝集巻第十四
花笠、歌笛太鼓の記載
「ちかきころ久寿元年(1151年)三月のころ、京ちかきもの男女紫野社へふうりやうのあそびをして、歌笛たいこすりがねにて神あそびと名づけてむらがりあつまり、今様にてもなく乱舞の音にてもなく、早歌の拍子どりにもにずしてうたひはやしぬ。その音せいまことしからず。
傘のうへに風流の花をさし上、わらはのやうに童子にはんじりきせて、むねにかつこをつけ、数十人斗拍子に合せて乱舞のまねをし、悪気(原註:悪鬼とも)と号して鬼のかたちにて首にあかきあかたれをつけ、魚口の貴徳の面をかけて十二月のおにあらひとも申べきいで立にておめきさけびてくるひ、神社にけいして神前をまはる事数におよぶ。
京中きせん市女笠をきてきぬにつつまれて上達部なんど内もまいりあつまり遊覧におよびぬ。夜は松のあかりをともして皆々あそびくるひぬ。そのはやせしことばをかきつけをく。今様の為にもなるべきと書はんべるぞ。」

融通念仏(平安後期)

この時代には、やはり踊り念仏と近い念仏信仰の一つである「融通念仏」もたいへん盛んになりました。
・仏教の合唱音楽である「声明」の大家「良忍」(ろうにん)を始祖とする「融通念仏」
・「うた」「集団でうたう」という集団的パフォーマンスが注目。

田楽の流行(平安後期)

田植えに関わる祭礼起源など、謎の多い芸能「田楽」。仏教との結びつきも示唆されます。
平安時代に京都で大流行し、祇園御霊会の時期に端を発した1096年の永長の大田楽は庶民を含めて非常に大規模なものでした。

鳥獣戯画 甲巻には、蛙がびんざさらや、腰太鼓で囃し踊る姿が描かれており、平安後期にこうした踊りが広まっていたことを伺わせます。

田楽は、鎌倉室町期には演劇芸能化し、後に衰退するが、腰太鼓やびんざさらの利用、庶民の芸能という意味では、後の風流踊りや盆踊りに影響も考えられます。

踊り念仏 〜踊る宗教〜(鎌倉後期)

盆踊りの直接の母胎となり、後の多くの民俗芸能の起源となったのが「踊り念仏」です。
踊り念仏は、「念仏信仰」という宗教面と、「集団での踊り」という芸能、パフォーマンス面とを結びつけたもので、鎌倉時代の宗教家一遍上人が広めたことは広く知られています。
「踊り」という点で注目。
・空也系の踊り念仏を一遍が取り入れたとも考えられている。
京都干菜や、信州善光寺など、
すでにある程度全国に存在した可能性。
・念仏は、早くから鎮魂儀礼・呪術(空也)
・念仏・和讃を唱えながら踊るものだった
・「ナムアミダブツ」六字名号に節をつけた「詠唱念仏」をうたいながらおどるものだった。

一遍の踊り念仏

国宝「一遍聖絵」に描かれた、信州小田切の里(長野県佐久市小田切)のシーン(踊り念仏の誕生)、片瀬の浜(神奈川県藤沢市片瀬)の踊り念仏のシーン(初の念仏踊りの興行)が有名。後者は、鎌倉に入ろうとして幕府に拒否された一遍上人たちが、片瀬の地蔵堂(舞台)で踊り念仏。これが大いに盛り上がり、3月~7月の数ヶ月にわたり、聖絵には、踊り念仏に熱狂するひとびとの表情が生き生きと描かれています。片瀬地蔵堂跡地は、藤沢市片瀬(江ノ島電鉄湘南海岸公園駅近く)に今もひっそり残っています。

一遍上人について

藤沢市片瀬の地蔵堂跡

 文献名著者備考期日西暦内容
一遍聖絵昌戒第四巻第五段弘安二年1279信濃国佐久郡伴野の市庭の在家にして,歳末の別時のとき,紫雲はじめてたち侍りけり.抑抑(そもそも),をどり念仏は,空也上人,或は市屋,或は四条の辻にて始行し給けり.......それよりこのかた,まなぶものおのずからありといえども,利益猶あまねからず.しかるを,いま時いたり,機熟しけるや. 同国小田切の里,或武士の屋形にて,聖,をどりはじめ給ひけるに,道俗おほくあつまりて結縁あまねかりければ,次第に相続して一期の行儀と成れり。~中略~「おどりて念仏申さるる事けしからず」と申せば、聖、「はねばはねよ をどらばをどれ はるこまの のりのみちをばしるひとぞしる
第五巻第一段弘安二年1279弘安二年の冬信州佐久郡の大井太郎と申しける武士この聖にあひたてまつりて・・・三日三夜供養をのへて念仏申き結願して聖はかへり給ぬ数百人をとりまはりけるほとに板敷ふみおとしなとしたりけるを・・・・
第六巻第一段弘安五年1282弘安五年三月二日、かたせの館の御堂といふところにて、断食をして・・・・七日の日中にかたせの浜の地蔵堂にうつりゐて、数日ををくり給けるに、貴賤あめのごとく参詣し、道俗雲のごとく群衆す。同道場にて三月のすゑに紫雲たちて花ふりはじめけり・・・

念仏信仰の広がり

・こうした念仏信仰を広めたのは、「聖」といわれる下級宗教家たちだった。
・代表格「時衆」の活躍とともに、全国に普及。
時衆は、まさに念仏信仰の代表的集団。きらわれていた「死穢(しえ)」を扱う特殊  技能者集団でもあった。=鎮魂 戦場に
・大念仏
大念仏とは、集団で行う念仏。全国に念仏信仰や踊り念仏を拡大・普及していった。
・同じ念仏信仰を持つ人たちは、集まって「念仏講」という信者集団を組織し、念仏信仰を実践するとともに様々な芸能の受け皿となっていきました。

盆踊りの歴史 Home