伊勢神宮のお膝元に「かんこ踊り」という念仏踊りがたくさん残っていると聞き、松阪の浜辺の猟師町を訪ねてみました。
海念寺という古寺を最初に、盆のかんこ踊りがはじまります。踊りを仕切るのは、若い衆(青年団)の面々。片肌脱いでバチを握り、胸の”かんこ”を力強く叩く青年達。彼らの勇姿を見に来た、たくさんの女の子達。あたりまえなのに懐かしい、昔ながらの盆踊りの光景です。そして踊りを見守りつつ見事な音頭を出してゆくのは、お年寄りのみなさん。ひとしきり踊ったあと、踊り子とまちの人々は、初盆の家を巡る道行へとに繰り出していきました。
古い伝統を持つ漁師のまちのかんこ踊りは、いまもまちのみんなで楽しむ素敵な盆踊りでした。

開催情報
日程 8月13~15日
場所 松阪市猟師町海念寺→町内一帯(初盆の家)
アクセス
(公共交通)
名古屋より近鉄特急で松阪駅。松阪駅よりタクシーで15分程度
アクセス
(自動車)
松阪I.C.から国道59線にのり、松阪市街方面へ、坂内川沿の道で海側に向かう。